あおぞら

アクセスカウンタ

zoom RSS 大山のぶ代“第2のドラえもん”育成する

<<   作成日時 : 2006/06/12 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昨年3月に「ドラえもん」の声を引退した大山のぶ代(69)が“第2のドラえもん”の育成に乗り出す。
来年4月に東京都港区の音響技術専門学校(音響芸術専門学校に改称予定)の学校長に就任することを11日、明らかにした。
 同校は音響技術のプロ育成を目的にし、35年の歴史を持つが、来春から声優やアナウンスの専門課程を新設。
その趣旨に賛同した大山が引き受けた。
学校運営はもちろん、教壇にも立ち後進を育てる予定で「1クラス20人で、ゆっくり教えていきたい。いろんな分野でしっかりした人間を育てたいです」と抱負を語った。
 この日は、都内で自伝「ぼく、ドラえもんでした。」の発売サイン会。
ドラえもんの声を26年間務め、現在は講演活動などで多忙な日々を送っている。
以前、直腸がんの手術を受けたこともあるが「がん検査はしていますが、今は大丈夫ですよ」。
のび太役の小原乃梨子ら一緒に降板した主要キャストとは、よく連絡を取っているといい「ドラえもんが離れないんですよ」と笑顔を見せた。
「こんなにすてきなキャラクターに巡り合えて十分です。声の仕事はもう、いいんじゃないかなと思っているの」と声優引退も示唆。
後進育成に専念するつもりのようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大山のぶ代“第2のドラえもん”育成する あおぞら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる