あおぞら

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉が遺憾の意を申し入れ 無断公表で日本協会に

<<   作成日時 : 2006/06/26 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Jリーグ1部(J1)千葉は26日、千葉とことし2月から1年契約を結んでいるオシム監督に対し、日本サッカー協会が次期日本代表監督の就任要請していることを無断で公表したことで、日本協会に対して遺憾の意を申し入れたと公式ホームページで発表した。
 同協会の川淵三郎会長が24日の記者会見で口を滑らしたことが問題の発端。
同会長は26日、「クラブとしての立場がある。そう言われても仕方がない」と申し訳なさそうだった。
 千葉の淀川隆博社長は既にオシム監督の日本代表監督就任を容認する姿勢を示している。
公式ホームページでは「オシム監督には契約満了まで千葉の監督として指揮を執ってもらいたいが、監督の再来日を待って、本人の意思を確認。その上で話し合いを進めたい」とした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
千葉が遺憾の意を申し入れ 無断公表で日本協会に あおぞら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる