あおぞら

アクセスカウンタ

zoom RSS <亀田興毅>防衛せずに王座返上?協栄の金平会長が示唆

<<   作成日時 : 2006/08/03 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者、亀田興毅(19)が所属する協栄ジムの金平桂一郎会長は3日、次戦の構想について「1週間ほど休養した後、本人と父親(史郎トレーナー)を含めて話し合いたい」と、白紙であることを説明した。
WBAからは指名試合(1位選手との試合)を求められているが、「昨日の動きを見ると減量がきつかったと思う。健康管理を考えなくてはならない。チャンピオンであるなら、防衛戦を組まなければいけないのも事実」と述べ、防衛せずに王座返上の可能性もあることを示唆した。
 亀田は今後にについて「今は何も考えていない。3階級制覇が目標やから。(体重的に)一番難関だったライトフライ級が取れたから次につながるな」と述べるにとどまった。
 会見の一問一答は次の通り。
  ◇  ◇  ◇
 ――王者になって一夜明けての感想は。
 まだ実感がない。2時間しか寝ていないので早く寝たい。
 ――試合を振り返ってどう思うか。
 最悪の状態で勝てたから次はもっと強くなる。
 ――家族とは試合後に何か話したか。
 おやじとはホテルで部屋は別々だったし、話していない。(自宅に)帰ったら、試合についていろいろ言われるやろな。(次弟の)大毅は「お兄ちゃん、危ないな。よう勝ったな。世界チャンピオンになって、自分のボクシングしたら負けないな」と言われた。
 ――平均42・4%のテレビ視聴率については
 100%には遠いな。おれは精いっぱいボクシングやって、徐々に上がってきてええ感じやな。
――判定を待つ間はどう思っていたのか。
 勝ったかなあと思っていた。おれの頭の中(の採点基準)ではな。クリーンヒットを入れた方が勝ちと思う。ガードしていたから、パンチは(そんなに)もらっていない。
 ――本来のフライ級から落とした影響は。
 減量はスムーズに行ったし、影響があったのかどうか分からない。ライトフライ級(48・9キロ)はボクシングを始めた小学6年の時の体重。パンチも(体重が)乗っていなかったし、フライ級の方が体は動くかもしれない。
 ――お客さんに「不細工な試合をしてすんません」と謝ったが。
 お金払って見に来ているお客さんにKOを見せられなかった。
 ――今後について抱負を。
 (弟の)大毅、和毅もいる。みんなでもっともっと盛り上げていくよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
<亀田興毅>防衛せずに王座返上?協栄の金平会長が示唆 あおぞら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる