あおぞら

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇多田ヒカル6年ぶりの全国ツアー、涙のファイナル公演

<<   作成日時 : 2006/09/11 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(23)が10日、東京・国立代々木競技場第一体育館で約6年ぶりとなる全国ツアーのファイナル公演を行った。

 白と黒のグラデーションドレスで登場し「泣いても笑っても最終日。気合はいつもの140%ぐらいの感じで歌います」と興奮気味にあいさつ。
デビュー曲「Automatic」から最新曲「Keep Tryin’」までシングル曲中心に全20曲を4変化で魅せ、ファン1万2000人を熱狂させた。

 フィナーレでは目に涙をためて「すごい幸せ。本当にみんなありがとう!」と感無量の表情をみせた。
舞台裏では、同公演の演出を務めた夫で映像作家の紀里谷和明氏(38)が妻の晴れ姿を見守った。

 公演は7月1日の宮城総合体育館から全国12カ所(23公演)を回り19万人を動員。
最後はバックバンドの7人と笑顔で万歳して暑い夏をパワフルに締めくくった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宇多田ヒカル6年ぶりの全国ツアー、涙のファイナル公演 あおぞら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる